読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅の実学園・なんでもマニュアル図鑑

生活に関するマナーや自己啓発、雑学を集めた教養ページです。

電子メールのマナー

ビジネスマナー

メールはパソコン、携帯、スマホにかかわらず、もはやメジャーなコミュニケーションツール

子どもからお年寄りまで、家族、友達…と、いつでもメールはよくするよね。

会社でもメールは使います。ただ、友達や家族のように気軽にメールするっていうわけにはいかないもの。

今日はビジネスにおけるメールのマナーについて紹介します。

 

~電子メールの長所・短所~

メールにも長所・短所があります。

長所:24時間いつ送信してもOK。資料を添付できる。複数の人に同時送信ができる。

短所:相手の受信の操作をしない限り届かないため、緊急の連絡には向かない。相手に届いたかどうかわからない。

緊急の時は電話の方が有効。時間のあるときや余裕のあるとき、前もっての連絡事項はメールの方が有効です。

 

~ビジネスメールの扱い方~

f:id:umenomi-gakuen:20140814213848j:plain

1.宛先の確認:一度送信したら取り返しがつきません。送信前に必ず宛先の確認を。社内間のメールでも同じです。

2.CCとBCCの区分:CCは誰に同法送信されたのか、受信者全員に開示されますが、BCCは開示されません。

3.件名はわかりやすく:用件がすぐにわかるものがベストです。

4.メールの全文:相手の名前、簡単なあいさつと自分の名前を述べてから、本文に入るのが基本です。時候のあいさつは必要ありません。

5.署名:最後に会社名(部署名も)、自分の名前、連絡先を明記した署名をつけます。

また、開封確認機能は受信者への不信の表れとして不快に思う人も。避けるのが無難です。

効率よく、きちんとしたメールを使いこなそうね。

 

*参考文献*

「はじめてのビジネス ビジネスマナー」 古谷治子著 インデックス・コミュニケーションズ

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 自己啓発へ
にほんブログ村


学問一般 ブログランキングへ