読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅の実学園・なんでもマニュアル図鑑

生活に関するマナーや自己啓発、雑学を集めた教養ページです。

ホームベーカリーのパン作り

生活の知識・知恵

前回はパンの材料と種類をお送りしましたが、今回はホームベーカリーで作るパンの作り方の基本を紹介します。

 

1.粉

強力粉はいろいろな種類があるけど、スーパーで売っている「カメリヤ」から国産の「はるゆたか」まで粉の種類によって味も食感も違うよ。

強力粉以外では薄力粉、ライ麦、全粒粉、米粉などがあるよ。ライ麦、全粒粉はメーカーや機種によっては100%で作ることは可能だけど、基本的には強力粉とのブレンドがお約束。薄力粉や米粉だけでパンを作るとヘンな形になって、味もおいしくなくなるよ。

他には小麦アレルギーの人を対象に、特殊な米粉を使ったパンを作るのが可能な機種も登場しました。粉は指定された機種で指定されたメーカーのものでないとダメだよ。

 

2.粉以外の基本材料

粉以外のパンの基本材料はバター、砂糖(白砂糖)、スキムミルク、塩、水、ドライイーストです。

基本材料の代わりに入れれる材料は以下の通り。

バター→サラダ油、マーガリン、ショートニングなど

砂糖→きび砂糖、黒糖、はちみつ、メープルシロップなど

人工甘味料は不可。

スキムミルク→牛乳、生クリームなど

※牛乳・生クリームを入れる場合は水は入れないか、量を半分にして水を加える。

水→牛乳、ジュース、コーヒー、紅茶、緑茶など

※牛乳、生クリーム、ヨーグルトを入れる場合はスキムミルクは不要です。

※卵は溶きほぐして、水を加えて入れると失敗しません。

ドライイースト天然酵母

天然酵母は「ホシノ天然酵母」がおすすめ。使う際はあらかじめ生種起こしをしてから使ってね。できあがった生種は1週間以内に使い切ってください。保存は冷蔵庫しかできません。

ドライイーストは入れ方を間違えると失敗することがあります。塩と水にふれないように入れること。ドライイースト専用投入口がメーカーや機種によってはあるので、それを利用すると便利。

 

3.具材

メーカーや機種によって、具材投入口があるよ。ただし、投入口に入れれるのはレーズンなどのドライフルーツとアーモンドなどのナッツだけ。

他は具の投入合図が鳴ったら、手で入れます。

入れれる主な具材は次の通り。

ドライフルーツ→レーズン、プルーン、ドライマンゴー、ドライクランベリーなど

※レーズン以外は細かくカットすること。

ナッツ→アーモンド、ピーナッツ、マカダミア、くるみ、ピーカンナッツなど

※アーモンドスライス以外は細かくカットすること。ローストしたナッツは不可。ハニーコートナッツはメーカーや機種によっては不可な場合があります。

ピール→オレンジピール、レモンピールなど

※ドライフルーツと同様、細かくカットすること。

パウダー類→抹茶、ココア、きな粉など

※粉の量に対して、20gまで。

茶葉→紅茶、緑茶、ほうじ茶など

※細かくカットすること。煮出すと色も香りもでます。

その他→炒りごま、チーズ、チョコチップなど

 

4.作り方

材料をパンケースに入れて、本体にセットし、「食パン」コースなどのメニューを指定して、あとはホームベーカリーにおまかせ。

材料の分量はきちんと量ること。粉やバター、具材ははかりできちんと量ること。砂糖、塩、スキムミルクドライイーストはホームベーカリー専用計量スプーンで、水などの水分はホームベーカリー専用計量カップでそれぞれ量ること。

パンのコースは食パン、ソフト食パン、全粒粉、パン生地、ピザ生地などはほとんどのメーカー、機種についています。

メーカーや機種によって、メロンパン、デニッシュ、ブリオッシュ、フランスパン、ごはんパンなども。

焼き色を調節したり、焼き上がりの時間を調節することもできます。好みに応じで使い分けてみてくださいね。

 

梅の実学園・みんなのモグモグレシピ」では、ホームベーカリーを使ったパンのレシピを紹介しています。ぜひチェックしてくださいね。

f:id:umenomi-gakuen:20140815174954j:plain

 

*参考文献*

「とことん楽しむホームベーカリー」 レタスクラブMOOK 角川SSコミュニケーションズ

「Mart ホームベーカリーBOOK」 光文社

「Mart ホームベーカリーBOOK2」 光文社

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 自己啓発へ
にほんブログ村


学問一般 ブログランキングへ